楽天市場店
ホーム
会社概要・お買物案内
マイアカウント
お問い合わせ
店長日記
はちみつ豆知識
はちみつのことを知って素敵なはちみつlifeを♪
はちみつ豆知識
 はちみつの栄養素
はちみつは、ビタミンB1、B2、葉酸などのビタミン類、カルシウム、鉄をはじめ、27種類のミネラル、22種類のアミノ酸、80種類の酵素、ポリフェノールや若返り効果があるといわれているパロチンなど、150を超える成分が含まれた栄養豊かな食品です。
はちみつの主成分は、ブドウ糖、果糖、水分です。ブドウ糖は、体への吸収が早く疲労回復へも一役かってくれます。

ハチミツに含まれるビタミン(含有量100g中)
種 類 働き 含有量
B1 炭水化物の代謝 5.5γ
B2 発育促進、肝臓機能強化、整肌 61γ
B6 皮膚の健康維持 299γ
葉酸 造血、成長促進
ニコチン酸
(ナイアシン)
皮膚の健康、造血、消化促進 0.1?
パントテン酸 成長促進、老化防止 115γ
ピオチン 発育促進 0.066γ
造血、抵抗力補強、老化防止 2.4?
止血、解毒、利尿 25γ
コリン 記憶力を高める 血圧を下げる  1.5?

ハチミツに含まれるミネラル(?/1?)
種 類 働き 含有量
カルシュウム 骨や歯を作る。 49
酸素を運ぶヘモグロビンを形成 2.4
ヘモグロビン形成の際、鉄と協力作用 0.29
マンガン 生殖と成長の正常化 0.30
リン 骨や歯を作る。細胞の増す 35
硫黄 髪や毛の発育。必須アミノ酸の成分 58
カリウム 高血圧の予防 205
塩素 胃液中の塩酸分泌に不可欠 52
ナトリウム 心臓、筋肉の調整 76
珪素 皮膚に弾力性をもたせる 8.9
マグネシュウム 神経興奮の制御。炭水化物の代謝 19
珪酸 皮膚に弾力性をもたせる 22
はちみつ豆知識
 はちみつが結晶したら
はちみつが結晶するのは自然なことです。
はちみつの主成分は、大きくブドウ糖と果糖と水分に分けられます。
このブドウ糖の割合が多いほど結晶しやすくなります。
はちみつによって、このブドウ糖の割合が違いますので、結晶しやすいものそうでないものとに分かれます。
結晶したからといって、品質には何ら問題はありませんので、ご安心ください。

はちみつ豆知識結晶した場合、湯煎すれば元の液状に戻ります。
高温で湯煎しますと、風味が損なわれますので、60℃位で湯煎して溶かしてご使用ください。
火傷などには十分にお気をつけください。
はちみつ豆知識
 お料理で大活躍
はちみつは、お料理でこんなにも重宝する調味料!

煮物に照りだしに♪
はちみつ豆知識はちみつは、煮物の焼き色や照りを出すのにも最適です。みりんと砂糖の両方の役割を果たしてくれるのでカンタン!
コクもでるし、カロリーも砂糖に比べて約半分!

 
お肉を柔らかく♪
はちみつ豆知識はちみつの主成分である、ブドウ糖と果糖がお肉に浸透して、お肉の収縮を抑ええくれるため、柔らかくジューシーに仕上がります。

 
はちみつ豆知識
 はちみつで美容
はちみつは、お肌の保湿効果にとても優れています。はちみつ石鹸なども多く販売されていますが、洗顔用の石鹸を買いかえるのには勇気がいりますよね。
はちみつ豆知識そこでワンポイントアドバイス!
現在お使いの、お気に入りの石鹸を泡立て、はちみつをほんの少し加えるだけで保湿効果バツグンの石鹸に早がわり!始めはスプーンに半分くらいなどの少量で、パッチテストをオススメします。
シャンプーの時にも、最後のトリートメントにはちみつを加えれば、髪の保湿にも使えます。
はちみつ豆知識
 はちみつは何年くらいもつの
賞味期限は、瓶詰めから2年を表示しています。
はちみつは強い殺菌力をもっており、保存食の代表的なもので、腐るものではありません。
賞味期限は、風味をおいしく味わっていただく意味から表示をしています。
国産はちみつはとくに風味に優れていますので、できれば古いはちみつは砂糖の代わりに煮物などに使っていただき、新しく風味豊かなはちみつを直接ご賞味ください。
はちみつ豆知識
 なぜ1歳未満の赤ちゃんははちみつを食べてはいけないの
自然界にはどこにでもボツリヌス菌という細菌が存在しています。
現場で採ってすぐに詰めて、何の加工もしないはちみつには、ごくまれにこの菌が入り込むことがあります。1歳以上になれば、この菌は腸内で繁殖しませんので安全です。しかし、腸内細菌の少ない乳児ではこの菌が入ると、乳児ボツリヌス症を発症させることがあります。このため、乳児には食べさせないよう指導されています。
お菓子は、乳児が食べられるものは限られていますし、はちみつも加工されていますので問題ありません。